2011年 11月 20日 ( 1 )

脱原発を訴える方達の闘い!

脱原発を訴える方達の闘い!
2011.11.18(金)取材時刻、11:30分頃から15:00くらいまで。
b0241415_4405553.jpg
約、二ヶ月くらい前に東京、霞ヶ関の経済産業省前にぽつんとテントが張られました。それは当初、行き交う人々の目には触れてはいる物の、その存在に対してあまり関心もなく、ただ、そこにあるという存在でした。私もこうして自分の足で取材をするまでは例外ではありませんでした。
原発事故から8ヶ月が過ぎました。事故は収束するどころか、被害はこれからは目に見える形で現れることになるかもしれません。それなのにこのテント前を行き過ぎて行く人達は、足を止めることもなく、ただ行き過ぎて行くだけでした。
写真の男性は強く訴えます。「どうしてもっとみんな言わないんだ!我々には立ち上がって団結し、闘う権利がある。それは憲法で保障されている基本的人権なんだ」と。加えて言うならば、俺たちの時代(60年70年安保闘争や全学連などの活動があった頃)はこんなもんじゃなかった。今の若い学生や大人達は大人し過ぎる。俺は火炎瓶だってなんだって持って政府(恐らくは官邸や国会議事堂のこと)に突っ込みたいくらい怒ってるんだ。TPP問題、アメリカの言いなりばかりで本当に情けない。このままでは日本の農業はダメになる。マル経を(マルクス経済)齧った事のある奴ならアメリカが日本に対してやろうとしている事が分かるだろう。国内の食料自給率が40%無いこの現状、どうして政府は そんなバカな事をするのだろうか?俺には不思議でならない。男性はこうも強く訴えます。俺たちは日本人だ。自分達で食べるものは自分達で生産したい。他国から入った来たものなど食べたくないと。b0241415_4375592.jpg
大人し過ぎる日本人。優し過ぎる日本人。無関心過ぎる日本人。どれもかれも今の日本という国がこうなった原因なのではないでしょうか?皆、自分のことばかりで周りに対しての関心が無くなったせい。テントには色んな方達の希望や思いがありました。私が取材させて頂いた中で、とても印象に残った事は福島からいらっしゃったお母さんが、今すぐにでも疎開出来る場所、住居、仕事があれば疎開したいと。子供を連れて福島を出たいと涙ながらに訴えておられました。現在、国内にある54基の原発をすべて廃炉にし、稼働している12基の原発も直ちに冷温停止状態にするべきです。我々日本人は1986年にチェルノブイリ原発で何が起こったのかをそれぞれが関心を持ち、学習し、同じ過ちを侵さない よう訴え続けなければなりません。この資本主義経済の中で、たった数パーセントの富裕層の為に、いま、世界中の残りの方達が犠牲になっているのです。年間内部被爆線量、政府は数字のトリックを使っています。放射線量は内部に蓄積していきます。これは年単位で括るのではなく、人体に影響が出始める数値を基準にしなければなりません。現に、チェルノブイリ原発事故から7~8年経過した頃に小児甲状腺ガンが一番多く発症をしております。
いま、わたしたちに出来ること。それはこの男性やテントで脱原発を訴える方達のように立ち上がり、闘う事です。声を上げ続け、団結する事です。闘いましょう!
b0241415_43758.jpg
[PR]
by no_nukes2011 | 2011-11-20 04:45