<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

脱原発をするということ

Twitterアカウント、@face_up_tokyo_のWEB政党-つくる会-をしております、瀬下と申します。7/7の七夕の正午から17時まで、東電管内全域で一斉にブレーカーを落とすデモを企画、呼びかけをしている者です。私はこれまで署名活動や首相官邸前でハンガーストライキなどをして来ました。詳細はコチラにhttp://tanakaryusaku.jp/2012/04/0004198掲載されておりますので、こんな私に興味がある方はご覧頂ければと思います。

さて、もう既にご承知かと思われますが、去る、7/1日の午後9時に福井県大飯町の大飯原発3号機が再稼働をしてしまいました。反対派の方達が大飯町に結集し、声高に”再稼働反対!”と叫び続けても結局、国家権力には勝てませんでした。私がこの一斉ブレーカーダウンデモを企画したのも、きっと、どんなに大勢の人が首相官邸前や、原発周辺に抗議デモとして訪れたとしても、国や電力会社には歯が立たないのではないか?という思いからでした。国民運動としての取り組みは大切ではあります。しかし、日本に54基の原子力発電所が建設されることになった背景を捉えると、いくら国民が声高な運動を展開をしても、電力会社や国に直接的なダメージを与えないことには私たちの原発を無くして欲しいという思いは届かないのかもしれません。2010年、2011年と、Twitterから始まったジャスミン革命のように大衆運動として”米国”などの主要国メディアが日本国政府に対して外圧を掛けるとも思えません。理由は、米国メディアもFOXをはじめとする大手は米国の電力利権に絡んでいるからです。核の貯蔵庫として我が国は米国の為に原発を使い続けなければならないのです。では、具体的にどうしたらそんな現状を変えられるのか?と感じる方も多数いらっしゃるでしょう。答えは一つしかありません。選挙に行くことです。私たち日本国民は有権者としての一票を持っています。次の選挙で、日本共産党をはじめとする左派政党(社民と7/28に新しく誕生する緑の党)にその一票を投じるしかないのです。その前にブレーカーを一斉に落とすデモを常態化し、一世帯一世帯が節電への取り組みを強化すれば電力会社も発電コストが安くなり、電力利用料金を下げざる得ません。一人一人の取り組みがこの国を変える。私は日々、そう信じ続けています。皆さん、再生可能エネルギー転換への狭間に来ています。原発が無くてもこの国は産業を発展させて来ました。いま、本当に大切なものは何なのか?改めて考える転換期を迎えています。

WEB政党-つくる会-代表 瀬下泰史
[PR]
by no_nukes2011 | 2012-07-03 15:32