働き方と社会保障10

先週だかにこの内容に関してTwitterで連続ツイートをしました。これはその続編です。
(1)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159407092225163264
(2)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159408584113913857
(3)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159409906640891904
(4)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159411362177622017
(5)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159412339886657536
(6)https://twitter.com/#!/face_up_tokyo_/status/159413227619483651

それでも私はその番組プロデューサーを告発することはなかった。何故なら、その仕事を請け負っているのは私だけではなかったからだ。私さえ我慢をすればそれで良かった。ただ、その後もその番組プロデューサーは、私以外のドライバーやスタッフの数を水増しをしては番組制作費を流用、着服していた。それはその仕事を辞めた後でも続いていた。何らかの法的な手続きが必要ではあったが、その仕事を辞めた後ではそんな事はどうでも良かった....。

私はその後、とある運送会社に勤務をする。仕事は食品などを運ぶチルド輸送という内容だった。仕事は慣れるまで本当にキツかった。一人で重量ある荷物をトラックに搭載し、それを一人でルートごとに仕分け、一人ですべて配達をする。その仕事は日給で1万1千円だったが、あまりの仕事のキツさに会社にもう少し賃上げを要求したところ、1500円上乗せをしてくれる事になった。それでその仕事の私の対価(賃金)は日給12500円になった。それでも仕事の内容からすると私は不満だった。1万5千円貰っても合わないなと思いながらも、日々の生活の為、我慢して続けた。
この会社ではアルバイトという雇用契約だった。最初はどこもそうだと思う。いきなり社員ではじめから採用してくれるほど企業なんてのは甘くない。そんな企業があるとしたら、よほど人材に窮しているか、何か裏があるかだ。その会社には世話になった。今でもその恩に報いるには、その会社の実態をこうして書き連ねることなのだと思う。それが正しいかどうか別としてだ。

私はキツかったがその会社にも慣れ、仕事にも慣れた。凄く苦労の多い仕事だったが、その仕事をやって行くうちに、その仕事の大切さ、社会の中での責任感のような物がある事に気づいた。これはただの自己満足に過ぎないのかもしれない。しかし、物を運ぶ人が居なければ、物を買う事すら出来ないのである。消費者なんて本当に無力なんだということに気づかされる。その会社には100人くらいのドライバーが在籍していた。実のところ、他にも沢山の営業所があり、実体数は分からなかった。だが、会社自体は儲かっていた。何故か?我々のようなアルバイト契約が殆どだったからだ。
やがて、私はその会社の勤務実態に関して疑問を抱くようになる。それはその会社に勤め出してから3年が経っていた。私は労働基準法なるものに関しては、さほど気にもしない性格だった。それは目先の生活出来るだけの金さえ貰えればそれで良かったからだ。それが目的で働いていて働くこととはそういう事だと思っていた。しかしである。あることを境に私はこのままで良いのだろうか?という事に気づかされる。そのある事とは、自分の将来に対して真剣に考え始めた時だった。自分は何故、この社会の中で生かされ、そして労働し、日々生きる為に働いているのだろうか?と何気ない光景の中で、自分に向き合ってしまったのである。一般サラリーマンの所得水準や、今後の自分がその仕事を続けていて得られる対価、そして、生活保障....考えてみればその会社で保険すら入れて貰っていなかった。凄く不安で不安でどうしようもなく、何処に相談をするべきか悩んでいた。そんなある日、あるニュースを目にした。「アルバイトでも労働組合を立ち上げ勝訴」という記事だった。これはとある飲食店のアルバイト契約の労働者が、残業分の未払いを機に会社側と裁判で争った内容だった。私の仕事は残業などない。あってもそれは個人の責任という範疇で片付けられていた。そういう雇用契約だった。その訴訟内容には「アルバイトでも保険加入は適法」という極々当たり前の事が書かれていた。私は自分の置かれている現実をその時に知った。私は国保で3割負担。年金も自分で支払っていた。しかし、国が定めているものの中にはアルバイトでも労働者が希望をすれば、その会社の厚生年金に加入出来るとなっている。それを私は知らなかった。正確には知らされていなかった。何故か?企業はそれを知らせることによって負担しなければならない物が増えるからだ。それを会社は私に対して黙っていた。というか隠蔽していた。そうやって、日本の企業ってのは利益を出してきた。本来ならば労働者に支払わなければならない対価を、生産性や利益率などのせいで搾取され続けていた。それが我々労働者なのだ。次に私はこの搾取社会をどうしたら改善出来るのだろうか?という疑問に行き着く。これはまたのお楽しみと言う事で。〆
[PR]
# by no_nukes2011 | 2012-01-24 21:03

私達の暮らしと道路

「私達の生活にとって”整備された道路”というのは切り離せない”生活の一部”となっています。
東京、放射5号線と八王子市南浅川町を結ぶ全長約33㎞に渡る都市計画道路建設は、現在、府中市から国立市谷保までの1.3㎞に渡る道路延長事業計画に入りました。この道路は府中市内から谷保までの区間だけで総工費が300億円。うち用地買収費用として、その3分の2にあたる200億円が計上されております。放射5号線と三鷹市内を結ぶ道路工事に関しては、この区間だけで総工費が410億円。うち、用地買収費用が380億円に上る事が調べによって明らかになりました。
これらの工事に関わる費用はすべて東京都と国が負担しなければなりません。つまり、使われているのは私達の税金です。また、国立市のさくら通りへと結ぶ別の事業計画も予定されています。
総工事費は更に膨らむ可能性が出てきました。昨年、3月11日に発生した未曾有の大災害、東日本大震災の人的復興もまだまだ始まったばかりです。また、東京都の財政状況を考えた場合、本当に必要とする道路を造らなければならないのは何処なのでしょうか?道路だけではありません。津波によって流されてしまった東北から茨城県沿岸部までの護岸や、港湾整備が必要な箇所は数えきれない数になっています。不要不急の税金の持ち出しに私達は異議を唱えるべきではないのでしょうか?環境面での不安を指摘する声も沢山上がっております。道路は拡張すれば交通量が増えます。この事業計画が始まることにより、それまでに築かれた地域のコミュニティーが壊され、分断されます。近年、高齢者の方達がこの地域でもだいぶ増えて参りました。幅、40m近い幹線道路を体の不自由な高齢者の方達が横断をする時には決死の覚悟です。青信号一回ではとても渡りきれません。

また、府中市内の公立中学校の校庭を大きく削り取らなければならないという計画も含まれており、この学校に通学をする児童の父母からも安全面を指摘する声が高まっております。近年、呼吸器疾患と生活環境との因果関係が広く取り沙汰されておりますが、この道路が建設されることによって、交通量が今の4倍近くになるという試算があります。仮に交通量が4倍になれば、交通公害もそれに比例し4倍に増えます。長年この問題(東八道路建設)に取り組まれている住民の方のお話によると、
『この道路が建設される事になると200世帯が強制立ち退きを余儀なくされ、残された方達のコミュニティーが壊されてしまう。いま、ここに道路を建設するよりも道路建設に充てる予算を被災地支援に使うべきだ。もし道路を造るのであれば生活道路の改善を優先し、歩道と自転車専用道路などの拡充に力を入れるべき』と話されておりました。
 
私達の暮らしには道路は必要です。しかし、この不要不急という中で必ずしも造らなければならないという理由は私達の暮らしの中からは見つける事が出来ませんでした。国や東京都が強制的に用地を取得する費用も全て税金が使われています。私達が望んでいない道を国や都は強制的にそこで暮らす人達の暮らしを奪い、排除し、建設を急いでいます。税金の使い道、私達一人一人が真剣に考えなければならないのではないでしょうか?

過去に”東京大気汚染公害訴訟”という裁判もありました。幹線道路と幹線道路を結び、トラックなどの往来が激しい激甚交差点がその原因とされました。大型車による交通量が増えた為、その交差点の内側に暮らす人達が気管支喘息や肺気腫などの病を発症してしまいました。これを受け住民側は原告となり、国や東京都、それから自動車メーカー7社に対して訴えを起こしました。東京地裁は原告側に非喫煙者が多く、また気管支喘息などの交通公害が起因する因果関係の強い呼吸器疾患が多く認められた事等を受け、11年という長い歳月を費やし争われた裁判でしたが、東京高裁101号法廷は2007年8月8日に被害者救済措置として被告側に原告との和解を勧告致しました。
和解内容に関しては原告側の要求を被告側が100%承認する結論に至っている事などから、原告側の全面勝訴という見方がされています。この裁判には延べ633名の原告の方達がおりましたが、結審するまでに108名の方がお亡くなりになりました。
 
b0241415_8534311.jpg

[PR]
# by no_nukes2011 | 2012-01-13 08:53

山口祐二郎さんと飲み会やりますっ!

b0241415_18492280.jpg

[PR]
# by no_nukes2011 | 2012-01-08 18:49

ハンスト!48時間の闘い!

年の瀬の東京、四ッ谷。ちっぽけな公園に、ある一人の青年がおりました。名前は山口祐二郎さん(26歳)
彼は2011年の12月29日未明にソーシャルメディアのTwitterを使い、東京電力現会長の勝俣恒久氏に対しハンガーストライキを決行する事を予告。翌、12月30日の深夜0時から一人で勝俣氏の自宅付近で飲まず喰わずのハンガーストライキを決行致しました。

彼は勝俣氏に対しこう要求しておりました。
「早く被災者への支援、賠償、それから子供達の命の責任を取って欲しい。五年後、十年後の事まで考えた責任という意味で、今の東京電力はその責任を果たしていない。だから早くその責任を果たして欲しい」と

私が取材に訪れたのは12月31日の大晦日。恐らく各家庭では温かい食事や、紅白歌合戦などを視聴されていると思われる。しかし気温五度の四ッ谷の公園には小さなテントが張られ、その周りには彼(山口祐二郎さん)を守るように支援者の方達が10人位いらっしゃいました。途中、彼の体調をTwitterで知り、心配された方が救急車を呼び、救急と消防が現場に駆けつける騒ぎがありました。ですが彼は気丈にもその支援を断り、自分の信念を貫きました。
しかし、事態は急変します。彼の体を心配をして駆けつけた山口さんの親近者が「ハンストには色々なやり方があるが、水も飲まずにやるのは周りにいる人達に心配を掛けるだけだ。だからけじめとしてあと1日で止めるのか、いま、止めるのかはっきりとしろ」と山口さんに問い掛けます。
それに対し山口祐二郎さんは「もう24時間やりたいが、一定の成果は出たと思っている。だけど周りに心配を掛けるのも良くない」とし、2012年の0時30分をもって48時間半のハンストを終了しました。

b0241415_16193550.jpg
b0241415_16185954.jpg

[PR]
# by no_nukes2011 | 2012-01-04 16:19

国民総国家公務員化への道

b0241415_14125567.jpg


私が考えている果てしない構想です。これは民主的共産主義とでも呼んで頂きたい。何故、このような突飛なことを提唱するかと言うと、今の日本の国内情勢、世界情勢を鑑みた場合、もう残される道はいくつも無いと言うのが発端である。

自民党政権が退廃し、希望を賭けた民主党政権も失敗に次ぐ失敗。しかもこともあろうことか国を外資に売り始めている。TPP(環太平洋貿易協定)も恐らくは失敗に終わるだろう。すべてアメリカによるアメリカの為の政策であるという事を政府高官は理解しながら推進しているのである。

日本という技術立国が技術を売り出したら、それは衰退を意味する。ではどうやって国を守るべきか?
それはこの図の通り、国内にある全ての企業を国有化することしか無い。全ての企業の株式を買い取り、国営化をし、その配分と利益を全ての国民で享受する。その代わり、企業経営者も老後や経営からの呪縛から解き放たれる。

貧富格差、労働格差、賃金格差...日本には様々な格差がある。それは市場経済に於いては仕方がない事だろう。しかし、国の借金が1000兆円という途轍もない額の借金をしていながら、国はまだまだ公務員を増やすつもりでいる。これでは労働者の偏り、産業や、労働形態への隔たりも誘発してしまう。だから私はこれらの問題を一変する為に嘲笑覚悟で国民総国家公務員化を考えたいと思った。
[PR]
# by no_nukes2011 | 2011-12-12 14:28